T-SPOOK 2017

去年大変な失意を味わったので今年は行ってきました。出演者が違うけどね(

_A214181昔すぐそこの海浜公園でμ’s観たっけ、とか

んなこと言いつつ、雨だったしそこまで気合い入れてたわけでもないんすけど。本当はカメラレンタルする予定だった。着いたのは10時過ぎとか。この時間でもまぁまぁな位置は確保できたけど、雨なんで傘が鬱陶しかった。パレード開始が11時15分ぐらいからかな。最初に三宅アナウンサーとかが出てきて、そのあと超特急、SKE48と来て、そのちょっと後ぐらいにAqours。近い近い。最初に通ったときは必死系になりすぎて杏ちゃんが見つけられなかった()予想通りというか、しゅかしゅーとかは観客にめっちゃ絡みまくってたね。2列目ぐらいだし、仮装もしてないからレスもらおうと思ってもなあ。というかそれ以前にコミュ障だから…。1時間弱ぐらいで一通り回ってAqoursのパレード終了が12時半ぐらい。カメラが防滴機構では全くないので本当にぶっ壊れる覚悟で200枚ぐらい撮ってたけどまあまあという所。普段広角で撮っているし動くものも撮らないもんでピント外してるのがほとんどなんだけど、何枚かはマシなのあったし、追っかけた意味あったんじゃないすかね。撮ってて思ったのは、きゃん様が非常に#フォトジェニックな表情をされるということです。

_A214046
_A214058
_A214059
_A214130
_A214146
_A214160
_A214125
しばらくダイバーシティの中で死んでて、15時過ぎくらいから無銭エリアでライブ見てた。SKE48の後半ぐらいから見てたんだけど、ひこうき雲は聴きたかったなあ。ハロウィン・ナイトの振りコピは楽しかった。どっちも本店の曲だけど…。次がゆかりん。リハでいきなりfancy baby dollやりだすからびっくり。この間の横アリは行けてないし、リハで3年ちょいぶりのfbd聴いちゃったよ。本編はなんとメタウサ姫から!ハロウィンイベントっぽいけど、アルバムにも入っていない曲ですよこれは。これまた久しぶりに跪きました。ミニアルバムに入っている新曲の中ではゆかりはゆかりっていう曲が80年代っぽくて好きだった。MCでチェルシーガールの口上だけやったのは笑ってしまったよね。付近のライバーが全然わかんねえって言ってたけど、その割にYou and Meのラップはけっこう無銭エリアでも聞こえたなあ。アニサマとかでやってるから浸透してるのかな。いや~チョロ出しされるとチェルシー聴きたくなっちゃうじゃないっすか。fbdもそうなんだけど、2000年代のオタクライブのモード、メソッドみたいなものをフルで使える曲じゃん?結局ああいう楽しみ方がもっとしたいんだよな。

Aqoursはトリ。整理番号の列に並ぼうとして適当な人に何番か聞いたらたまたま自分の一つ前の番号の人で、ムダに運命力を使ってしまった感がハンパない。上手側の前方ブロックの後ろのほうで見てたけど、結構楽だった。前のほうは圧縮きつそう。距離はこの間の神戸よりちょっと遠いぐらい。ステージの高さが割とあるのでまあまあ見やすい。いつものオープニングからメンバーが出てきてフォーメーションなんすけど、衣装があれだったのでオタクのどよめきが凄かった。出てきてから曲が始まるまでの時間の、期待感でいっぱいの雰囲気がよかったな。新曲、未来の僕らは知ってるよ を初披露。TVサイズ。We got dream! 聴けて良かった。この曲は・・・ラブライブ!のオープニングの曲で一番好き。9人の声質に合ったサビのメロディだと思うんだよね。しかしまあ、ツアー終わってまだ3週間ですが、埼玉の前にはもう稽古してたんだろうね。大変な話ですな。2曲目はHAPPY PARTY TRAIN。ツアーでは上手側にいたのが名古屋の初日だけだったので、2番のレールの振りのところで杏ちゃんが上手側の端にいるのにようやっと気づいた(遅い)。というか、距離の関係もあるけど、みら僕の衣装では杏ちゃんがブルーの衣装で白い帽子を被っているので、フォーメーション入り組んでも見つけやすい。それ抜きにしてもこの衣装はAqoursの中では今んとこ一番好きなやつ。挨拶はフェスなので軽く。次の曲はななななんとDaydream Warrior。フェスで円盤の特典曲やるかあ?(笑)この曲はツアーでは恋アクのフリフリの衣装でやっていたんだけど、今回はとってもカッコカワイイみら僕の衣装なので、全体的にダンスがシャープに見える。特に振りが大きくなる間奏のとことかはシルエットがぐっとスマートだ。4曲目はSKY JOURNEY。μ’sみたいなハロウィン曲はないから、ちょっとクールめな曲で推していく感じなのかな。後ろの映像がないからちょっとシンプルめな印象だけど、その分演者の振りに集中できる。聴くの7回目でそろそろ振りを覚えてきた、ような。MC挟んでラストは恋アクです。いつも通り。Aqoursのライブはこれがないとな。この曲の頃にはまた雨がぽつぽつ強くなってきてたんだけどこの曲聴いてるとどうでもよくなってきて逆にテンション上がってしまう。そんで、メンバーが捌けるんだけど、ここでアンコール。さっきのゆかりんとかはアンコール起きてたけど結局無かったので、どうかなと思っていたら、出てきた!めっちゃ雨だけど、まだまだ行けますか~?って言われたら行くしかないでしょう。本当のラストは、届かない星だとしても!あのイントロであの振りが始まって赤い照明になった瞬間きたー!って感じ。今日のAqoursちゃんはどこまでも期待を上回ってくれますね。いつの間にか合羽のフード被らずに手叩いてたし振りコピしてた。やっぱり最後ドカドカやって終わるのは気持ちいい。楽しかった!

_A214139かわいい

_A214095

_A214110

_A214084

_A214086彼女らしい笑い方

_A214113
_A214170

_A214171

最近ことあるごとに杏樹ちゃんのことがますます好きになってしまうしこの日のライブでも正直杏ちゃん以外見てなかった(恋アクでさえ)し、けっこうきっつい。

Animelo Summer Live 2017

久しぶりにアニサマ行ってきました。

_8253914埼玉はとおい。

参加したのは初日と2日目。3日目は体力的なこと考えてスルー。2014年みたいに出演者強いのが固まってたのは確かなんだけど、思ったほどモチベが上がらなかったので仕方ない。最近アニメ見てないからかもね。

初日ののっけからシークレットでSOS団が出てくるという、アニメの10周年は去年だし、どういうタイミングなのかよくわからないサプライズがありましたが、わたくしはその時まさに入場待機列にいました!!! ゴミ。席で聴けたのはアウトロぐらい。ハレ晴レユカイだったからまだ良かったけど、冒険でしょでしょ?だったらたぶん憤死してた。こっちのがいっぱい聴いてたんだよね。

以下気になった人について。

どうぶつビスケッツはブシロード10周年祭でも聴いたので2回目。相変わらずアニメも見ていないのだけど、終盤の展開はじつにラヴ・アンド・ピースですね。オーイシさんおそるべし。

ClariSはコネクトから始まったので初アニサマなのかなっと思ったらやっぱりそうらしい。コネクトのよくわからん幾何学CGのビデオは好きでした。曲は全然ちがうけど、ライブでの佇まいはW〇nkみたいなところがあって惹かれます。今でもこういうアイドルいていいんですよ。

あやか氏は今回もやってくれました。ワガママMIRROR HEART、文句なしの優勝です。3月の豊洲で2メートルぐらいの距離で聴いてたけど、オルスタさいまえで何がなんだかわからん状況だったし、ここでやり直しってことで。ソロライブだけでなくて、こういうフェスみたいなのでも全開パフォーマンスできるのは強いなあ。去年NHKホールで公録を見た時もそうだった。自分の中ですごく信頼感のあるシンガーになっている。

西沢幸奏ちゃんがしばらく見ない間にガラが悪くなっていた()1stライブ行きたかったな。帰還はSSAのような会場でこそ輝く曲だ。本当の実力派ここにあり。

ゆかりんが出るのを当日の朝まで知らんかった。ゆかりんの歌を聴くのは3年前のアニサマぶりだ。ゆかりんは変わりませんな。You & Meけっこう覚えてて自分でワロてしまった。ま、せっかくなのでゆかりライブ行ってた時ぐらいには頑張ったと思います。ひさしぶりに\誰にも負けないこのキモチ/とかやりたくなってきてしまったけど今度の横アリは日程がなかなか険しい・・・

AqoursちゃんHPT衣装。恋になりたいAQUARIUMで最後の曲ですと言いつつ、最後の最後にワンコーラスだけ歌ったユメ語るよりユメ歌おうはツアーではやっていないのでちょっとだけレアですね。歌詞出てるけどアニサマなので全員で歌う感じじゃない。以前某イベントでμ’sを見たときに、きっと青春が聞こえるを最後にワンコーラスだけやったのを思い出したり。

とか思ってたら次のみのりんが、長門有希のキャラソンだった雪、無音、窓辺にて。を歌う。なんちゅうもんを………。ハレ晴レユカイは観られなかったけど、これ聴けたから優勝ってことで。長門の良さは当時よくわからなかったが、この曲は好きだった。アレンジが上松範康なのがミソ。この時代、上松さんの四つ打ちのストリングスアレンジはオリジナリティあったよね。奈々ちゃんのBRAVE PHOENIXとかもそう。2曲目のおにあいの曲はよく知らなかったけど、最後のParadise Lostは…まぁわれわれの時代の曲ですねこれまた。でもむかしは菊田大介の作風があんまり好きじゃなかったので、結局みのりんにはあんまり食いつくことがなかったという気がする。そう考えるとあんまし音楽の好み変わらんなあ。

2日目行きましょう。

キンプリはパフォーマンスがどうこうという感じじゃないんだけど、曲がアイドルソングとしてじつに王道で、聴いてて心地よい。90年代前半を通過してないからTRFはよくわかんねえ。

るーちぇはなあ・・・今年入ったあたりから何度かライブに行こうとしてるけどどうもタイミングが合わない。立ち位置が微妙なところにあって、それがいいところでもある。去年出た1st Love Storyって曲は好きでした。新曲のFight on!は完全にアニソンになってしまったのでいまひとつ。go to Romance>>>>>はついつい振りコピ。全体的にまぶしー。本来の現場としてはドルノリだとは思うので、ワンマンは行かなあかんなとは思います。

i☆Risちゃんは見るのがずいぶん久しぶり。茜屋さんと山北さんはちょっと前にお会いしましたが。見るの2回目のわりに、メンバー全員名前と顔と色がわかるのに自分で驚いてしまった。メンバー全員がちゃんと歌って踊れるのがすごい。そういう総合的な水準の高さみたいなところでいうと声優のグループだと一番だろうな。この子らもワンマン行かないと正確なノリがわからんというのはある。

東山さん。今までのリリイベは野外3回光り物禁止1回だったので、どんな色になるのか見てたんすけど、青だった。全然イメージがなかったのでびっくり。本人も「青なんですね~」とか言ってた。でもまあ、誰かさんのせいでオタクライブでは何色かわからんかったらとりあえず青振っとけみたいなところはある。誰かさんのせいかは知らんけど、僕は誰かさんのせいだと思ってる()それは置いといて、この日は今までで圧倒的に大きな会場なので、ステージング的にも面白いものが見られればいいなとは思ってたんですけど、曲が月がきれいで纏めてきたのでそういう感じじゃなかった。ここでTrue Destinyとかアップテンポの曲を持ってこなかったのは、アーティスト東山奈央はこういうイメージですよ、という意思表示かもしれないね。イマココでプラネタリウムに続いてここでも行け行けコールを自分から振ったのにはちょっと笑ってしまいました。そんで、MCで重大発表。うーーーーーーーーーーーーーーーーん、戸惑い。いろいろ考えていて、月がきれいでは完全に地蔵と化してしまった。ちょっと緊張してたと思うけど、しっかり歌い切ってひと安心。1stライブについては、自分の思惑とかけ離れすぎてたってだけなんで、もう本人としては決意も覚悟もあると思うので心配いらないのかも。ただやっぱり、ソロで武道館というのはそれなりに高い目標ということには変わりないので、なおぼうのためにそれなりのことを僕もしないとな、と思います。

スフィアもほんとーーーに久しぶり。以前代々木のライブに行ったときでさえだいぶ間空いたなって思ってたのに、今回はそれ以上に空いている。My Only Placeのアカペラで始まる。今のスフィアってこういうのをパッとできちゃうんだなあ。いつのまにか大変な実力派ユニットに変貌している。特に戸松遥さんの歌にすごく成長を感じますね。からのーーーー、Super Noisy Novaのイントロが流れた瞬間、思わずのけ反り椅子に転げ落ちそうになりましたよ。この2日間の瞬間最大風速ここだった。いやー跳んだな。これは色んな場面が思い出される曲です。MCを挟んで来たのもMOON SIGNALとかいう懐かしい曲。この曲はコールから振りからすべてがかっこよくて楽しい。ほぼ完コピしてしまった。この2曲、前に行った2013年の代々木のライブでは聴けなかったので、2011年の幕張ライブ以来でした。スフィアのライブでは定番に近い曲だと思うのでライブ行ってりゃどうってことないんだろうけど、さすがに気持ちが熱くなっちゃった。まぁラストのHIGH POWEREDも含めて、定番のシングルをこういう場でやって喜ぶというのは正しくアニサマ的ではあるんだけど()うーん、今度の幕張ライブ行きたくなってきた。こういう気持ちにさせてもらってこそ、それもまたアニサマ。

プリキュアは今年のは何回か見たぐらいですが、美山加恋ちゃんのはじけるキラキラっぷりは多幸感ありますね。多くの声優さんにない独特な魅力を持った子です。いやー声優アイドルやってほしいとまでは言いませんが、とにかくはこの業界に来てくれてありがとうという所でしょうか。。。

ミリオンスターズももはや知らない曲のほうが多いというか、まともにフォローしてたのが1stライブまでなのでそりゃそうなんですが、なのでほとんど新規みたいなもんです。1stライブで聴いた曲はPRETTY DREAMERだけ。でもやっぱミリオンは曲が強いなあ。演者一人一人の個性も全開で、なんだか曲を追うごとに自然と楽しくなってきてしまった。ラストBrand New Theater!の頃には完全にアイマス最高パパッパパンパン状態。個人的には、1stライブでは色々あったころあずの姿を知らんうちに追っていた。考えたら、この子の最高のパフォーマンスを僕はまだ見てなかったんだなあ。まぁ3年経って状況は変わったけど、あの頃考えてたミリとデレの位置づけは結局あんまし変わってないのかも。

てな感じです。今回は新しい収穫もあるにはあったけど、全体的におっホイに釣られてる感。

Animelo Summer Live 2014

アニサマ3日目行ってきました。
2014-08-31 14.30.16
コミケに引き続いてアニサマ行くのも超久しぶりですね。色々と思うところはあって、まず第一にオタクが怖い(何)。第二に出演者の方向性がよくわからなくなってきた。第三にアニメロの集金が過激になってきた。そういうわけで、熱心にチケット応募したり探したりというのは数年してなかったんですけど、今年はどうにか行けることに。実は最初は3日間の中で言うと艦これWUGアイカツと来ている1日目に行こうかなとか考えていたのですが、3日目行くことになったので断念。

席は400レベルの前の方。SSA何回か来てると思いますけど、このステージ正面の一番奥のスタンド席は初めて。しかもスタジアムモードで400レベルということで、まあ遠いですね。いわゆる米粒というやつ。最近東京ドームのライブとかも行っていないし、この遠さは久しぶりだった。

そこそこ定刻通りに開演。初っ端のT.M.Revolution x 水樹奈々は予想できていたとはいえ、燃えますね。どっちかいうと1日目に来るかなと思ってたんですが、奈々ちゃんの今のところ最新のアニタイなので3日目に持ってきたというあれかな。とにかく1発目としては最高のものだった。やっぱりこの曲は2人で歌ってこそだし、実際2人で歌ってるときは歌の迫力が違う。少なくともこの2曲を2人で歌うのはこれが最後になるんでしょうか。

なんかもう出てくる人皆かわいいなという前半でしたが、その点で言えばゆいかおりはかわいいという概念そのものを具現化した存在であるからして、私は突然振りコピを始めました。ゆいかおりはもう、曲が爽やかでいいですし(唯ちゃんソロも)、ガラスみたいに透明で澄んだ輝きを持っていますよね。と同時に、2人きりだからこそのギリギリなバランスの危うさというか。僕そんなゆいかおり追ってるわけじゃないですけど、ステージでの立ち振る舞いと風格は去年のアニサマからさらに積み上げてきたものを感じました。それでいて、それでも変わらないイノセンスがある。そういえば開場前のけやき広場のカラオケ大会でOur Steady Boy歌ってる人がいて懐かしかったけど、当時の2人の印象は「可愛すぎる」(too cute)だったんですよね。唯ちゃんもきゃりさんも中高生だったから仕方なかったかな。

前半でいちばん印象に残っているのは鈴木このみちゃんです。圧倒的な声量にまずびっくりするし、そういう迫力がありつつキンキンせずに耳に心地良い爽快感あるボーカルで、何より元気いっぱいに歌う姿がとってもかっこいい。ビブラートが薄いのも個人的に好みだし。知ってる曲は少なかったけど、こういうパフォーマンスを目の前にすると自然とその人の世界に引き込まれていくんですよね。ただひたすらにこれが17歳のパフォーマンスかよ!?と驚くほかなかったけれど、もうソロ歌手として2年のキャリアがあって春にはソロライブまでやってるわけで、この若さにして経験と実力を兼ね備えたシンガーといえると思います。アニサマ最初のアーティスト発表で大御所と並んで発表されていましたけど、肩を並べるだけのタレントが持っている。次のライブあれば行ってみたいですね。この日のステージで一番の収穫だった。

そいや前半のラストで本当に久しぶりにLiSAの生歌を聴きました。前に見たのはガルデモのライブだったのでソロデビューする前の話。相変わらずの煽りで場を盛り上げる盛り上げる。まあ、彼女はあの頃からすごい実力がありましたよね。上に書いた鈴木このみちゃんと一緒で、最初に見たKSL Liveで一発で「ライブ行こう」と思わせてくれたもん。こういう、ライブで楽しませてくれるアーティストに出会うと嬉しくなって仕方ない。ソロになってからはまともに追えてなくて、ライブも行こうと思いつつ行けてなくてあれなんですけど、来年の武道館は行ければ行きたいところ。

後半。

μ’sミューズみゅーず…そういえばこのサイトだとほとんどラブライブについて書いてませんでしたけど、ラブライブというコンテンツには近年稀に見るほどハマっており、本当に楽しませてもらっています。この日のステージでも間違いなく一番の声援を受けていたし、会場が一つになっているのがよくわかって、みんなに愛されているんだなというのを強く強く感じる。Snow halationのラスサビでの風景を眺めていて…全26話のアニメで描かれたことを「体験」したうえで、この愛の漲る空間を共有できる幸せを噛み締める…もうそれが「僕たちの奇跡」なんじゃないか。μ’sが存在する奇跡、ここにいる奇跡。それは僕たちの奇跡が始まってからMC、Snow halation, No brand girlsまで、そんなようなことを考えていました。μ’sは正真正銘のアイドルでした。SSAスタジアムモードでのUO点灯に参加できたことが感無量です。

もうぱぱっと書こう。

OLDCODEXは予想通り曲もゴリゴリのロックならライブも何も考えずに頭を振れる激アツのライブでした。何列か前の女性がヘドバンしたりしていて、久しぶりに見ましたよあんな光景。トロッコじゃなくて歩いてアリーナを回っていたのがかっこよかった。僕もとにかくこの音の洪水に身を任せる感じで。この時点で割と燃焼しきった感ある。彼らのステージも個人的にかなりの収穫ですね。
 
宮野真守・オンステージ。これまでいろいろとイベントではお目にはかかってますけど、ソロで歌っているときの彼はやっぱりスターですね。紛う事無きイケメンだった…。わたくし基本EDMはまーったく面白いと思わないんですけど、うーさーのテーマになっていたNEW ORDERはなかなかどうして印象的で耳に残る。

ゆかりんはゆかりんですよね。マイペースなのがいい。You & Meはそういえばmotsuのラップ入りで聴くのが実は初だったりした。プリアラもふぉーりんらぶも行けていないので。

例によってトリの奈々ちゃん。アニサマ初回からのダイジェスト映像。ピチピチな奈々ちゃんがWILD EYES歌ってるのに涙。今のところ最新のアニタイ曲は初っ端にやってしまったので、何やるのかなとずっと考えていたんですけど、今までアニサマでやってないアニタイゲータイ特集だった。つうわけでいきなり恋の抑止力から。この曲から入るのはかなりカッコ良かったし(ダンス省略verだったけど)、最初のコラボに引き続いて声はよく出ていて、正直ツアーより良かった。しかしセトリがなあ。僕はファンなんでいいんですけど、恋の抑止力とかもう4年前の曲だし水樹奈々ファンじゃない人でパッと分かった人いたのかなと。入りがいいとは書いたものの、あの振り返りダイジェスト映像から繋ぐ曲じゃないとも思う。奈々ちゃんの選曲の傾向が謎(ほとんどアニサマに行ってない要因の一つ)なのは前からですが、もうちょい一見さんの心をパッと掴むような選曲をというか。そういうのはBRIGHT STREAMぐらいでした。最初のコラボあったしいいか…。

最後の曲はゲスト奥井雅美が呼ばれたときにもう予想できた。さらにゲスト矢吹俊郎でもう確信。やぶさん最近何気ステージ上がる機会多いよね…。歌唱者、作詞者、作曲者が全員揃って演奏されたTRANSMIGRATIONはアニサマ2005の第1曲目だった。「10回目」なのに奈々ちゃん含め大勢の方々が「10周年」と言っておりなんともあれでしたが、この記念すべきアニサマを締めくくる曲としてはこれまた最高。直前まで困惑してたけどこれはGJだったというほかない。アンコールはONENESSで2人で一つのマイクを使って歌う唯ちゃんときゃりさんを見て世界の恒久平和を願ったりしました。

印象としてはこんなとこ。音響はクソもクソで、特に前半は高音と低音が割れまくっていたし、LiSAのときはモニタートラブルで一時ライブ中断、μ’sなんて一人一人マイクの音量がバラバラで、せっかく絶好のパフォーマンスしてる演者もいたのにPAはどういう仕事してんのかというレベルでした。とはいえ、そんなことも引っ括めても充分に楽しめた。収穫とか考えたこととかいろいろあったし。1周間ぐらいずっと書いてたのでいつも以上にグダグダな文章ですけど、とりあえずお疲れ様でした。一緒に参加して頂いた方にも感謝。
2014-08-31 12.47.48
2014-08-31 14.26.50
そこそこ早めに会場に着いてうろうろしつつ写真とか撮ってましたが、けやき広場のイベントは凄いことになってましたね。アニクラって何が楽しいのかわかんないや。カラオケのチェルシーは参加したかった。

2014-08-31 13.56.00
2014-08-31 15.27.24
うーさー様

2014-08-31 21.21.02