瞬間完全燃焼!

半年ちょっとぶりのラゾーナ川崎。今度はワルキューレのイベント。考えたらフライングドッグのイベントでしかここ来てねえな。前来た時は暑くなったり寒くなったりで気が狂いそうでしたが、今回は涼しくて快適でした。ウソです。クソ暑かった。ロッキンをイベ被りで断念したので、ワルキューレちゃんのイベントも結局1月の2ndライブぶり。なお2ndライブの記事は書きかけのまま眠っている模様。すまん。

例によって13時からリハあり。ワルキューレがとまらない と一度だけの恋なら をワンコーラスずつ。最初コーラスのなおぼうとかのマイクのほうが全然ボリューム大きくて、めっちゃアンバランスな感じで笑ってしまった。

14時から本編。いつもの登場セリフで出てきて、フォーメーションへ。衣装は担当カラー一色のシンプルなワンピ。リハどおりにワルキューレがとまらない から。つかみから飛ばしてきます。しかしまあ屋外ということで、調整はしたものの音響的にはちょっと辛いかなとは感じた。ラゾーナなのでラスサビはジャンプできません。一度だけの恋ならは相変わらず最後まで勢いが持続して上り続ける感覚が最高。意外とスペースがあったのでサビの振りコピはできた。あと、今までこの曲でやってたかあんま覚えてねえけどAメロの四つ打ちキックでクラップする文化滅びて。

2曲終わった後に自己紹介。JUNNAが「3曲歌うんですけど・・・」とかいきなりのネタバレ。ゆるいな(笑) きよさんが「やっぱり私たち晴れキューレですね!」とか「野球場みたい」とか言っていて、去年の台風直撃が意外とトラウマなんだなと思わずにいられない。河森監督が出てきて、劇場版の発表会へ。ワルキューレ5人と河森監督が同じステージに立つのは意外と初めてらしい。そういや、河森監督となおぼうの組み合わせはあの呑みイベ以来なんだなとも。自分の中ではあのイベントでレイナ・プラウラーが生まれたと思ってるよね()んで、劇場版の公開日とか諸々発表。2月9日は意外と早かった。みのりんご「フレイアは死にますか?」 それからワルキューレからも3rdライブのお知らせ。まぁあるとは思ってましたが、また横アリ2DAYSとかいう実質遠征。持ち曲は2ndで全部やってるので、新曲が多くないと変わり映えしなさそうだし、そこのところはよろしくお願いします。ラストはいつも通りルンピカ。いつも通りスパルタな練習あり。2階より上の人ー!とかいうのは新しい。ラスサビ前にみのりんごが河森監督をステージに引っ張り出してきて一緒に踊る。けっこうノリノリでわろた。記念撮影で締めだけど、みんなワルキューレサインしてるのでさいまえしか写らんなこれは。

ってことで久々のワルキューレ。やっぱワルキューレは東山さんの重要な仕事の一つだなあと。これからまたしばらく楽しめそうですね。

_A093962川崎のチッタのあたりのステーキ屋のハンバーグ。食べかけではない。

シブヤノオト公録

やばいイベントに来た(悪い意味で

NHKの公録は水樹奈々MJ初出演の2009年2月以降回数わからんレベルで応募してると思うけど1回も当たったことがないので来るのが初めて。アニソンSPとかあったねえ。だからNHKホールに来るのも9年ぶり。そういえば前来たときも平日で、高校の帰りに特急乗って飛んで来たっけ。不思議と来てなかった会場。

イベントの方なんだけど、はっきり言っちゃうと今まで自分が参加したイベントの中で一番客が酷かった。無銭イベントなのを考慮しても酷い。席が3階の後ろから2列目だから厄介が集まってるのかと思ったけど、行った人の話聞いてると全体的にそうだったっぽいっす。MIX、咲きクラは当たり前で、サビ前イエッタイガーに高速クラップが常にこだましてる状態。オタク現場のゴミ中のゴミの粋が集結していたと言えましょう。極め付けに秦基博さんの静かなバラードでオタクがクラップしまくったおかげで1回歌ってからわざわざ録り直しになったりしてた。いやー糞糞アンド糞。6年前の奈々ゆかみのりん集まったアニソンSPもたぶんここまでじゃなかったんじゃないの。この数年でアニソン声優界隈ほんと変わったよな。つうかオタク自体もだけど、NHKが幕間要員にアニクラDJ呼んでるのがまずゴミ。アニクラと一緒くたにするからこういうことになる。

初っ端のいのりんと秦さんは完全に被害者なんじゃねえかなと思うけど、それ以降はまあまあ曲聴けたかな。最近何かと話題の上白石萌音さんは風格が完全にシンガーソングライターみたいだ(歌ったのはカヴァーだけど)。ドレスコーズが毛皮のマリーズの人だったのは知らなんだ。キュウソネコカミはオタクの煽りがうまい。割と本当の意味で会場暖まったよね。

ワルキューレはなあ。。。絶対零度θノヴァティックはただでさえ難しいが、それにしても良くない出来。振りがばらけてるのはまだいいけど、声がいっぱいまで出てないしハーモニーになってない。この前までのツアーと比較するなら大目に見て30%ぐらいのパフォーマンスかな。TVカメラ入ってていつもと違う環境なのはわかるけど、こういうアウェイな現場にも慣れていかないかんでしょうな。特にJUNNAちゃんは。来年はアニサマとかありそうだしなー。ハマスタ始球式は流れちゃったし、しばらく生歌聴ける機会ないのに最後これかーってのはあるけど、翌日に出た2ndアルバムは2ndライブへの期待が高まる要素しかない脳天直撃の出来だったのでチャラ。まあうだうだ言ったけど、一度だけの恋ならを期待してた厄介を絶ノヴァで凍らせたのは良かった(

Aqoursは何回か見てるけど歌うイベントは初めて。μ’sもそうだったけど、やっぱラブライブはすげえな。振りとフォーメーションが緻密だ。これに関しては求められてるレベルが他と一段違う感がある。上から俯瞰してると楽しい。厄介暴れてたけどライブをもっと見たいと思えただけで収穫。一番良かったというかいつも通りだったのははっしーじゃないでしょうか。まさかYES!!持ってきてくれるとわー。超絶かわいいヒロインあやかキメちゃったよ。ショートサイズでもぱーっとすっきり歌って印象付けてくれるからはっしーは最高。fripSideがトリだったけどまじで厄介祭りになってて何が何だかわからんかった(

んな感じ。大半辛かった…

Walküre Attack! 東京

ワルキューレアタック東京。名古屋行ってからというものの楽しみでしようがなかったライブ。

_9102871昼は1000番台、夜は2000番台と相変わらず弱い感じ。名古屋では前のほう行ってなおぼうばっか見てたので、どっちかで後ろのほう行って俯瞰気味に見る・・・予定だった。実際は近さの誘惑に無事敗北し、結局3回連続で上手側最前ブロック。きよさんが言ってたけど、Zepp DiverCityはなんばと名古屋より大きいのにステージが狭い。客との距離も一番近いみたいです。とは言いつつ昼はスピーカーの前ぐらいにいてステージサイド感が拭えなかったんだけれども、夜は流れに身を任せたら最近で3列目ぐらいまで来てしまい、また最接近更新。2000番台の人権は保たれた。ただまあ、開演前から自分の足で立ててないレベルだったし、そのうえさいまえ付近クソオタクばっかで疲れたとしか言いようがない()オルスタだから仕方ないんだけど、やっぱ東京のオタクは民度がゴミ。

ライブの中身はツアー通してほぼ一緒で、ファイナルの夜公演も変化なし。なおぼう以外もちゃんと目に入れることが自分の中でテーマだったけど、できたかはわからん()昼の恋ハレだけはダンスがバラバラ気味で、JUNNAちゃんの喉も暖まってない感じであれー?と思ったけど、それ以外は名古屋と同じように見れたかな。でも全体的にダンスはまだ詰められるレベルにありますね。歌がメインだからいいっちゃいいんだけど、曲によって、たとえば恋ハレとかは4人/5人で同じ振り付けだから気にはなる。絶対零度θノヴァティックはズレてるのかすらよくわかりません(

印象に残った曲といえば、おにゃの子girls、Silent Hacker、God Bless Youのまだ音源で出てないトリオ。前2曲は大阪名古屋と積み重ねてきた感じが出てて、客のほうの反応もだいぶ学習されてきた。Silent Hackerの間奏のオタク棒の振りはアルバム出たら練習しろってなおぼうが(違う)。んで、とっても良かったのが昼公演のGod Bless You。名古屋もよかったんだけど、このときのみのりんごちゃんは凄く気持ちが入っててすごくぐっと来たな。ラストのサビで涙で目を光らせながら笑顔で歌う姿は美しかった。この曲は入りのメロディがキレイだし、コーラスワークも抑制が効いてよい味。転調してからの流れはめっちゃ引き込まれますね。ビバ北川勝利。涙といえば、ラストのMCでのJUNNAちゃんも。彼女にとってめまぐるしく世界が変わった1年。「ステージの上がどんなところよりも楽しい」というのは本物のパフォーマーの言葉だね。あの景色を忘れないでいてくれるなら、あの瞬間のJUNNAちゃんを見届けた者としても本望です。

そんで夜公演最後の最後に2017年横浜アリーナライブ決定。大きく出たなーと思ったけど、マクロスFの武道館はもっとスピーディだったな。まーまだ歌ってない曲があるのでやらないわきゃない。横アリはそこそこ距離感近くはあるとはいえやっぱりアリーナだし、今回オルスタで見れてよかった。と同時に、もうオルスタはしばらくいいから今度アリーナで落ち着いて見ようというのもあり(笑)大阪は行けなかったけど、今回に関してはやり切ったよホント。頑張った。お疲れ様でした(自分に

2年半前、なおぼうと河森監督のトークイベントで、ある東山オタク(自分の隣に座ってた)が「東山さんをマクロスの歌姫にしてください!」と直訴してて。そこから始まったかどうかは知らないけれど、歌姫ではないにしてもメインキャラ、それも歌う役でアニメに出て、さらにライブまでやるなんて、正直なところ期待はしつつも想像できていなかった。そうして実際にこんな物凄いライブを見ることができて、ファンやってて良かったなって思うのはこういうときだよね。夢を叶えてくれるなおぼうについていくよ。

_9102866
_9102867
_9102868
_9102869
_9102875

SETLIST

01. 恋! ハレイション THE WAR~without Freyja
02. 不確定性☆COSMIC MOVEMENT
03. 僕らの戦場
04. NEO STREAM
05. ジリティック?BEGINNER
06. おにゃの子girls
07. Silent Hacker
08. God Bless You
09. AXIA~ダイスキでダイキライ~
10. GIRAFFE BLUES
11. いけないボーダーライン
12. Walküre Attack!
13. 破滅の純情
14. 絶対零度θノヴァティック
15. 一度だけの恋なら
16. ルンがピカッと光ったら
(Encore)
17. 恋! ハレイション THE WAR