劇場版 響け!ユーフォニアム~届けたいメロディ~

タイミング逃してたけど今更ながら。川崎チネチッタ。この作品の舞台挨拶はこれが21回目だそうです。
写真 2017-10-14 12 44 45前回の劇場版は、2期を控えていたということもあって、関西大会に向けた本筋のところを凝縮した総集編らしい総集編だったけれど、今回は久美子とあすかの関係性に9割がた焦点を当てて物語を追っていく映画。2年生組の話とかはすべてカットしてあって、中心線を逸らさず話が進んでいくため、ひじょーにシンプルに一つの作品としてのコンセプト、纏まりを持った総集編アニメです。新規カットもそのコンセプトを(特にあすかの視点を)より掘り下げてくれるものにちゃんとなっている。観た後の印象としてはホントに1本の映画を見たような感じなわけですよ。じつに稀有な総集編です。観る前にとくにTVシリーズを見返したりとかはしていないのだけど、やっぱりいい話だなあとしみじみ。久美子が泣いてるシーンはだいたい僕も泣いてることに気付いた。

舞台挨拶はともにゃと美菜ちゃん。なんというか美菜ちゃんが本当にお綺麗になられていてですね、そういった意味でもしみじみしてしまうというか。ともにゃとのペアは見たかったんだよね。トークでも言ってたけど、久美子とあすかの関係にちょっと通じるものがあるわけですよ。某アイドルカツドウでも跡を継いでいたし(笑)演技の部分での距離感とかはこの2人だからできる絶妙なものがあると思います。久美子とあすかのその後の想像については2人とも分かり手感しかなかったな・・・。

そいや今回観たチネ8は、LIVE ZOUNDというライブハウスのクラブチッタに近い音響設備で、けっこうな爆音が鳴っていました。ゴリゴリの低音だったので、まあ吹奏楽を聴くのに適していたかというと微妙なんだけど、この迫力は劇場だけのもんではある。やっぱり音楽の映画だからね。作中で取り上げられてる曲で言えば、宝島はTVシリーズで見てびっくりした曲です。この曲はこの間本家のバンドでも聴いたけど、吹奏楽バージョンもけっこう思い出深いんだよな。中学生のとき、自分の学校の吹部の定期演奏会に行ったらこれをやっていて、原曲のピアノソロをトランペットがコピーしていた(このアニメでは晴香先輩のバリサク)のに驚いた記憶があります。あのときの僕は完全に楽曲派の顔つきだった。

写真 2017-10-14 13 03 51本編前のショートムービーで撮影OKな箇所が。週替わりっぽい。

にしても、次の映画は山田尚子さんが監督するというだけでもたまこ勢としては観なあかん感じがしますが、みぞれと希美のストーリーということなのでもはや使命感になってしまう。とーやまさんに「ユーフォ好きですか?」って聞かれた勢としてもな。あのときは東山さんが出るとか全然思ってなかったけどもう決まってたんかなあ。とか言ってたらいきなり劇場版でメイン張るんだからこの業界わかんねえ。いや純粋に楽しみ。

きんいろモザイク Pretty Days

久々に回して参りました。6部。
_B123004舞台挨拶回すのホント色々な意味でしんどいんだけど、前ロボガで回したことがあったので、ロボガで回してきんモザで回さないのもあれだしという話(?)あのときは全通はしなかったし、きんモザでやらなくていつやるのかというのもあり。ロボガのとき、なおぼうは舞台挨拶は初めてと言ってたと思うんだけど、今回は紛う事無きメインキャストとしての登壇ですよ。俺たちもこの日を待ってたんだ…
_B123008
新宿バルト9朝9時半の回から横浜ブルク13の18時20分の回まで6回分。新宿の1回目2回目だけ4人であとは2人ずつに分かれてというスケジュール。きんぱツインズのほうを回したんだけど、新宿の4人回がワイワイしてて楽しかったんで西ちゃん&ゆみりんのほうもできれば回したかった・・・。やっぱこの人たちはトークしてる時が一番輝いている(語弊がある)。新宿1回目は厳かに挨拶しようとしたら西ちゃん失敗→普通に挨拶だったけど、2回目は西ちゃんからなおぼうまで全員厳かに挨拶。その結果なぜかゆみりんの独演会始まる。AJイベントの打ち合わせ中にスペシャルエピソード決定したっていうのはそういえばあのとき言ってたっけ。あれから色々あったけど早かったね。西ちゃんがいきなり最前列の天衝監督をステージに上げたり、キャロンさんが来ていたりと最初だからスペシャル感ありました。きんぱツインズのそわそわダンス(ネタバレ)は色々な意味でローダンセっぽさを感じる()最後に西ちゃんが「三親等までは広めてください」とか謎の宣伝したのがその後のきんぱつ組回でも流行ってたのが笑えた。

川崎・横浜と移動してきんぱツインズ回が4回。横浜の2回目が久々にさいまえ。新宿でもちょろっと言ってたんだけど、アニメの中でいろいろ文字を手書きしたよというのはけっこうアピールしてたかな。まあつまり何回も見て探してねってことなんだけど。上映後回だけでやってるそわそわダンス(ネタバレ)は3回も見たらだいぶ覚えてきた。上映前回はそわそわするフリだけなんだけどそれもそれで尊い。やっぱまなみなんだよなあ・・・。そのほかアドリブの話とかもいろいろ。なおぼうがラストのあいさつで「きんモザが銀幕デビュー」っていうのに拘ってたんだけど、まなみんからきんモザなのに銀幕というツッコミが入る。なんで銀幕なのかはググってね。

映画のほうなんだけど、あややというか種ちゃんの声が聞こえるだけでうるうる来てしまったりして。それ以外でも、なおぼうが「なんでもない所で泣ける」と言ってたけど、全体的にそういう感じ。あやや主人公なんだけど、個人的にはしのが色々頑張ってるのが印象的だったかな。わたしゃ高校受験は受けたけどほぼやってないに等しいというか、リアリティを感じられるかっつうとそうでもないほうだけど、しのが力強い言葉で決意を持って頑張ってるのが何か感動的というか、成長したなぁと(※過去編)。最近いろいろアニメ見てて自分の中で西ちゃん来てたからタイムリーな感じでした。あと、映画見てから3曲のテーマソング聴いてるとどれもこれもストーリーとリンクして違ったふうに聴こえてきたりするのもよいです。パート割りがなあ・・・。まなみんが「君の○は。ばりに音楽重要です」とか言ってたけどあながち間違ってなかった。Rhodanthe*のライブまだなんすか・・・

いやーさすがに6部回しはやり切った感あるな。しばらくやりたくねえ。最近いろんな映画見るために映画館来るたび○の名は。見る誘惑と戦っては負けてるので、舞台挨拶あるときに見れてよかった()ちなみに1週目の特典3種はコンプしました。6回スクリーン入場して3種コンプできなかったらきっついけど(関東だと即日無くなってたりしたし)。2週目コンプ険しそうでなあ・・・。

_B123005

_B123018川崎チネチッタは一帯の建物が地中海風で面白かった。スクリーン広すぎて2人で舞台挨拶する場所じゃない。

_B123021大移動に備えて

_B123023横浜ブルク13はそいやロボガのとき来れなかったシネコン。シートの座り心地よし。全部Nozoが悪い。

たまこ上映会

京都アニメーションの信者だからド平日にたまこ上映会行ってきました。じゃなかった、たまこのアニメが好きだからだ。

2016-09-08 20.00.46新宿ピカデリーは5回連続ぐらいで京アニのアニメしか見てない。

舞台挨拶はあやっぺと山田さんの2人。2人はP’sLIVE以来らしいです。この上映会のためにあやっぺがTVシリーズ見直したらもち蔵と田丸氏が結びつかなくなって別人に感じると言ってました。田丸氏来てほしかったのお。色々話あったけど印象深かったのがチューリップの歌を下手そうに歌うというオーディションの話で、「わざと下手にしてるんだけど全然わざとらしくない、おおらかで世界は平和ですみたいな」。おおこれぞたまこ。あやっぺ「本当に音痴なわけじゃないですよ!」。突然うさぎ山商店街の掛け声とかやったりも。セレクションは1, 2, 9, 12, 13話。たまこラブストーリーラインだと1, 2, 5, 9になるんだけど、5話上映できるのであくまでたまこ&デラちゃんの話でということみたいです。基本時間がゆっくり流れてのんびりした喜劇でありつつ、通底したラインが何気にいくつかあるのがたまこまーけっと。あやっぺもラブストーリー?ってなったみたいだけど突拍子がないわけでもないすね。宇宙の入り口に立った気分にはなると思うけど。たまこまーけっとは前に見直したのがラブストーリーを最初に1回見たあとなので、2年半近くぶり。でもそこそこ覚えてたな。2話のみどりでこのアニメ良い。。。ってなったものです。あとやっぱ劇伴が良すぎてなあ。見るたびアップライトベース弾きたくなるもんな。5話分終わって22時半。会場から拍手。眠くなるかもなと思ったけどえらい集中して見れた。びっくりしたのが、終わって退場が始まったぐらいに2階席からありがとうございました~」とあやっぺの声がしたこと。これまた拍手。あやっぺが好きなたまこまーけっとが俺も好き。

2016-09-09 21.28.36それからそれから、次の日にたまこラブストーリーの上映も。舞台挨拶はないけど前の日にたまこまーけっと見たら見るしかないでしょってことで。チケ取り出遅れたので2列目。前日に見た数話から連続してるからかはじめて見たような気持ちで見られた。スクリーンで見ただけでもこれ4回目なんだけど。

何も言うまい。

平日なのに充実感あった木曜日と金曜日。地上波でやるみたいなので楽しみです。