みんなで上映会!! 3回目

2017年最後のイベント。

_C304252新宿ピカデリー。席はF列。ピカデリーはスクリーンでかくてよいね。

20時40分開演。MCは意外や意外でりきゃこだった。そのおかげで杏ちゃんとゼロズレ。最終回を控えてしゅかしゅー「ドキドキして心臓が痛い」。わかる。まずは10話から12話の一挙上映なので、みどころ。杏ちゃん「10話でバス乗ってる時のみんなのファッション見てほしい。特にルビィ」りきゃこ「千歌ちゃんは?」杏ちゃん「千歌はふつうなんだけど(笑)」。りきゃこ「12話のライブシーンを大画面で見てほしい!」。ってことで1時間ちょっと上映。土曜日にイベントが多すぎて落ち着いて見れてなかったからありがたい。特に11話は…。ちかっちの言葉もすごく響くけど、2期は鞠莉が裏主人公的なところがあるよね。学校というくくりでは一番のリーダーで、Aqoursとしても学校の代表になっていて、それでもどうにもできない無力感があって葛藤があって、今できることで前に進んで、今を精一杯楽しむことを自覚して。そういうものを経ての11話のラストの「歌おう!」っていうのは、色んなモヤモヤから解放されたまっさらな言葉だなって。歌って本当に素晴らしい。ラブライブ!という作品も結局そこに行き着くんだよな。

3人で振り返り。10話のルビィちゃんのファッション、杏ちゃん「帽子がおしゃれ。ルビィがこういうのは珍しい」。11話についてはニコ生でも言ってたけど沼津からの帰りの新幹線で見てたらしいです。りきゃこ「しゅかは後で見るって言ってたのに途中から私のイヤホン片方奪って2人で見てた(笑)」しゅか「横でちらちら見てたら気になっちゃった」。杏ちゃん「私はあいきゃんと茶化しあいつつ泣かないようにしてた」。僕もバスの中で見てたけど「あ、ダメ」って言っちゃったもんな。りきゃこは11話は12話を録ったあとに居残りで1人でアフレコしたので凄く寂しかったけど、オンエアを見たらちゃんと皆がいて安心したと言ってました。12話についてはこの3人なのでやっぱりUTX前でのシーンの話。スクールアイドルがやりたい!と叫ぶ梨子は、納得がいくまで何回も何回もリテイクを重ねたという。むき出しの感情が伝わってくるとてもいいシーン。恒例のお気に入りシーンのお絵描きは杏ちゃんがそのUTXのスクリーンが第1話と重なるシーン。杏ちゃん「ここから始まったって思いが強くて…。1話の収録ですごく緊張してたなってこととか思い出す」。答えが杏ちゃんらしいなあ。りきゃこは例によってざわついてたけど、りきゃこ「別にふつうだから!」。空飛ぶバスの絵だった。りきゃこ「すごく幻想的。いつかみんなでドライブ行きたいよね」杏ちゃん「今のところAqours誰も運転できないけど(笑)」。しゅかしゅーは11話で曜ちゃんがみかん箱に乗って1人で勧誘し始めるシーン。しゅか「千歌ちゃんと同じことしてるーと思って。やっぱり千歌ちゃんのことが大好きなんだなって」りきゃこ「梨子ちゃんは一歩引いて見てるっていう」。楽曲について。WATER BLUE NEW WORLDではちかっちの髪型が、杏ちゃん「お風呂あがりによく見る千歌になってます」。衣装が特徴的。勇気はどこに?君の胸に!は、りきゃこ「イントロが流れてくるともう泣ける」。MIRACLE WAVEは杏ちゃん「めっちゃ盛り上がるやつでしょ!」。その中心にいるのはあなたのはずだから。楽しみにしてるよ。

ファンミの話とかもしつつ、りきゃこ「見どころというか、もうこれは頭の中真っ白にして見てください」第13話の上映へ。ラブライブ!という作品に通底しているのは、限られた今を輝くことで刻まれた記憶が、いつしかみんなで共有できる宝物になっているという、高校生活の青春にも、アイドルという存在にも共鳴するテーマ。だから、千歌が辿り着いた答えというのは、もしかするとありきたりに聞こえるかもしれないけれど、この作品の芯で、アイデンティティみたいなところなのだ。Aqoursもようやくそこに辿り着いた。ラブライブ!にしかできない不可能を可能にする魔法、スクールアイドルにしか起こせない奇跡、光の洪水のように押し寄せる輝きの記憶、大団円、そして終幕。夢を駆けてきた僕たちへのご褒美みたいなものとして、今のこの奇跡の時間がある。μ’sでも、ほかのどのスクールアイドルでもない、Aqoursなりの結末を見届けました。

最後のキャストトークでBGMがWONDERFUL STORIESだったので、思わず涙ぐんじゃう3人。MCのりきゃこが一番泣きじゃくってた。でも、飾り気のない正直な言葉が聞けたかもね。会いに来てください、好きでいてください・・・。しゅかでさえ泣いているんだけど、杏ちゃんが涙をなんとかこぼさずに未来を向いて話をしていたのが…。劇場版の発表、最後にマイクなしで挨拶。23時10分終演。

終わった直後は本当に胸にいっぱいで、ついてきて良かったと、好きでいて良かったと、それしか考えてなかったのだけど、宿に着いてこの文章を書き始めてからだんだんと喪失感が勝ってきて寂しい気持ちになってしまった。きれいに幕が下りたことに安堵すると同時に、今までなかった途方もない距離を感じてしまう。劇場版の発表はあったけれど、その先に待っているものを自分は一度体験しているわけで。個人的にも、ラブライブ!サンシャイン!!ほど好きになれた作品は他になくて、Aqoursと過ごしてる今が本当に人生で一番楽しくて、だからこの先に踏み出すのに怖さと躊躇いが正直あって、でも時は進んでいく。これだけのメッセージを受け取っても変われない自分がイヤにもなるけれど、メンバーの言葉を色々聞いて、今は先に待っていることを一つ一つ楽しむことだけを考えなきゃねと。楽しいことならいくつも決まってるんだから。そこできっと、この9人でしかできないことを見せてくれる。驚かせてくれる、心を震わせてくれる。そう信じさせてくれるみんなが最高。とりあえずは7月まで突っ走るよ。

12月31日
_C314272
_C314322
_C314267
_C314277
_C314274
_C314273
_C314325
_C314320
_C314296
_C314283

T-SPOOK 2017

去年大変な失意を味わったので今年は行ってきました。出演者が違うけどね(

_A214181昔すぐそこの海浜公園でμ’s観たっけ、とか

んなこと言いつつ、雨だったしそこまで気合い入れてたわけでもないんすけど。本当はカメラレンタルする予定だった。着いたのは10時過ぎとか。この時間でもまぁまぁな位置は確保できたけど、雨なんで傘が鬱陶しかった。パレード開始が11時15分ぐらいからかな。最初に三宅アナウンサーとかが出てきて、そのあと超特急、SKE48と来て、そのちょっと後ぐらいにAqours。近い近い。最初に通ったときは必死系になりすぎて杏ちゃんが見つけられなかった()予想通りというか、しゅかしゅーとかは観客にめっちゃ絡みまくってたね。2列目ぐらいだし、仮装もしてないからレスもらおうと思ってもなあ。というかそれ以前にコミュ障だから…。1時間弱ぐらいで一通り回ってAqoursのパレード終了が12時半ぐらい。カメラが防滴機構では全くないので本当にぶっ壊れる覚悟で200枚ぐらい撮ってたけどまあまあという所。普段広角で撮っているし動くものも撮らないもんでピント外してるのがほとんどなんだけど、何枚かはマシなのあったし、追っかけた意味あったんじゃないすかね。撮ってて思ったのは、きゃん様が非常に#フォトジェニックな表情をされるということです。

_A214046
_A214058
_A214059
_A214130
_A214146
_A214160
_A214125
しばらくダイバーシティの中で死んでて、15時過ぎくらいから無銭エリアでライブ見てた。SKE48の後半ぐらいから見てたんだけど、ひこうき雲は聴きたかったなあ。ハロウィン・ナイトの振りコピは楽しかった。どっちも本店の曲だけど…。次がゆかりん。リハでいきなりfancy baby dollやりだすからびっくり。この間の横アリは行けてないし、リハで3年ちょいぶりのfbd聴いちゃったよ。本編はなんとメタウサ姫から!ハロウィンイベントっぽいけど、アルバムにも入っていない曲ですよこれは。これまた久しぶりに跪きました。ミニアルバムに入っている新曲の中ではゆかりはゆかりっていう曲が80年代っぽくて好きだった。MCでチェルシーガールの口上だけやったのは笑ってしまったよね。付近のライバーが全然わかんねえって言ってたけど、その割にYou and Meのラップはけっこう無銭エリアでも聞こえたなあ。アニサマとかでやってるから浸透してるのかな。いや~チョロ出しされるとチェルシー聴きたくなっちゃうじゃないっすか。fbdもそうなんだけど、2000年代のオタクライブのモード、メソッドみたいなものをフルで使える曲じゃん?結局ああいう楽しみ方がもっとしたいんだよな。

Aqoursはトリ。整理番号の列に並ぼうとして適当な人に何番か聞いたらたまたま自分の一つ前の番号の人で、ムダに運命力を使ってしまった感がハンパない。上手側の前方ブロックの後ろのほうで見てたけど、結構楽だった。前のほうは圧縮きつそう。距離はこの間の神戸よりちょっと遠いぐらい。ステージの高さが割とあるのでまあまあ見やすい。いつものオープニングからメンバーが出てきてフォーメーションなんすけど、衣装があれだったのでオタクのどよめきが凄かった。出てきてから曲が始まるまでの時間の、期待感でいっぱいの雰囲気がよかったな。新曲、未来の僕らは知ってるよ を初披露。TVサイズ。We got dream! 聴けて良かった。この曲は・・・ラブライブ!のオープニングの曲で一番好き。9人の声質に合ったサビのメロディだと思うんだよね。しかしまあ、ツアー終わってまだ3週間ですが、埼玉の前にはもう稽古してたんだろうね。大変な話ですな。2曲目はHAPPY PARTY TRAIN。ツアーでは上手側にいたのが名古屋の初日だけだったので、2番のレールの振りのところで杏ちゃんが上手側の端にいるのにようやっと気づいた(遅い)。というか、距離の関係もあるけど、みら僕の衣装では杏ちゃんがブルーの衣装で白い帽子を被っているので、フォーメーション入り組んでも見つけやすい。それ抜きにしてもこの衣装はAqoursの中では今んとこ一番好きなやつ。挨拶はフェスなので軽く。次の曲はななななんとDaydream Warrior。フェスで円盤の特典曲やるかあ?(笑)この曲はツアーでは恋アクのフリフリの衣装でやっていたんだけど、今回はとってもカッコカワイイみら僕の衣装なので、全体的にダンスがシャープに見える。特に振りが大きくなる間奏のとことかはシルエットがぐっとスマートだ。4曲目はSKY JOURNEY。μ’sみたいなハロウィン曲はないから、ちょっとクールめな曲で推していく感じなのかな。後ろの映像がないからちょっとシンプルめな印象だけど、その分演者の振りに集中できる。聴くの7回目でそろそろ振りを覚えてきた、ような。MC挟んでラストは恋アクです。いつも通り。Aqoursのライブはこれがないとな。この曲の頃にはまた雨がぽつぽつ強くなってきてたんだけどこの曲聴いてるとどうでもよくなってきて逆にテンション上がってしまう。そんで、メンバーが捌けるんだけど、ここでアンコール。さっきのゆかりんとかはアンコール起きてたけど結局無かったので、どうかなと思っていたら、出てきた!めっちゃ雨だけど、まだまだ行けますか~?って言われたら行くしかないでしょう。本当のラストは、届かない星だとしても!あのイントロであの振りが始まって赤い照明になった瞬間きたー!って感じ。今日のAqoursちゃんはどこまでも期待を上回ってくれますね。いつの間にか合羽のフード被らずに手叩いてたし振りコピしてた。やっぱり最後ドカドカやって終わるのは気持ちいい。楽しかった!

_A214139かわいい

_A214095

_A214110

_A214084

_A214086彼女らしい笑い方

_A214113
_A214170

_A214171

最近ことあるごとに杏樹ちゃんのことがますます好きになってしまうしこの日のライブでも正直杏ちゃん以外見てなかった(恋アクでさえ)し、けっこうきっつい。

シドニー4

週一更新どころか隔週更新してたらもう1ヶ月くらい経っちゃう。最終日。
_5053576
_5053596この日は午前中は宿の近くを散歩。住宅街をひたすら歩く。中心部から電車で15分ぐらいなんだけど、めっちゃのどかでよいです。シドニーと同じくらいの規模感の都市でも、ヨーロッパだったら15分じゃここまで郊外っぽくはならない。並んでる住宅は超高級な匂いがします。
_505359830分ほど歩いてベリーアイランドという小さい半島に着く。これまた昼寝スポットに最高。カキが採れるらしい。一応Reserve(保護区)ということになっている。

昼過ぎに宿を出て、サーキュラーキーに出ると、Overseas Passenger Tearminalに豪華客船が。Carnival Spiritというマルタから来ている船らしい。
_5053695
_5053647
_5053651
_5053649

この日の一つの目当てはシドニー現代美術館。通称MCA。常設展はやってないようで、この日はKader Attiaというフランスのアーティストの特集とオーストラリアの若手アーティストの展示がメイン。アボリジニアル・アートもある。現代美術しかないから当たり前だけど、空間を大きく使ったインスタレーションとかが中心。そんで意外とコンセプトとか思想的背景が強く出ててわかりやすいのが多い。僕は空間的想像力が著しく欠如しているので、なんでこういう表象に至ったのかはよく分からんけど、言わんとしてることは分かるよ、的な。これまた入場無料で2時間ぐらい楽しめてしまった。1階にある売店はお土産とかガイドブックもあるんだけど、専門書の品揃えが凄かった。
_5053663
_5053670
_5053672
_5053677
_5053682
_5053692

MCAのあるロックス地域はシドニーの最初の開拓地で、典型的な旧市街。石造りの年季の入った建物にカフェ・バーがたくさん入っていて、金曜日だったのもあって、夕方でもえらい賑わい。ドイツのアルトシュタットを思い出すなあ。とか思ってたらバイエルン風の衣装来た店員さんがいて、店の名前見たらMUNICHとか書いてあったりね。
_5053713
_5053736
_5053704
_5053712

ハーバーブリッジへ。
_5053729
_5053722
_5053728

天文台のあるオブザーバトリー・ヒルに辿り着く。ちょうどマジックアワー。
_5053742

_5053756
最後にフィッシュアンドチップス。20時50分の飛行機へ。シドニー4日間おしまい。

ガイドブック的な観光なら子どもの頃にさんざんやってたし、10年前にUK行ったときにしても、1人で行きはしたけど現地では集団行動してたので、2週間いてそういう時間が取れたのが最後の日だけだった。だから今回は自分の足で歩くことがテーマだった。だいたいあまり計画性もなくフラフラと写真撮ってただけなんだけど、そこそこ充実させられたかな。ただ、10年前と比較して予想以上に英語力とコミュ力が無くなっていたので、次どっか行く時はもうちょいなんとかしよう(笑)