オルゴールの小箱イベント

iOS版サービス開始日からやってたデレステですが、ぱったりやらなくなり数か月。久々にイベントをこなす。
2016-02-28 05.55.47まともにやってたのは夢色ハーモニーのLive Grooveイベントぐらいまでで、Orange Sapphireのイベントぐらいから毎日ログインしなくなったような気が(週末に舞踏会あったのに)。音ゲーとしては難易度的にもやりごたえあって楽しいんだけど、

  1. MASTER譜面がほぼメロディ合わせでグルーヴを感じない(スクフェスの譜面は叩くリズムが口ずさめて楽しい)
  2. スタミナ回復が早い割にPレベルを上げてもスタミナがなかなか増えない
  3. 頑張らなくてもスコアS行くのでイベントが作業
  4. さっぱりSSRが出ないし同じSRがやたらと被りまくる(笑)

ってのでどうもちょっと疲れてきた気がします。それ以降は新曲が追加されるかガシャで気になるアイドルが来たらって感じです。川島さんのAngel Breezeとかはやっておかないと。んで、今回のオルゴールの小箱はシンデレラで一番好きな曲なので、久しぶりにイベントも走っておくことにしました。アーニャと小梅のSRはえらいダブっているので、本音を言えば川島さんか奈緒加蓮のSRが欲しかったのだが。

この曲といえば、2ndライブで聴いたときはまだ発売前で試聴もしておらず、トライアドプリムスのあの会場の空気を一気に変える存在感が印象深かった。が、そのあとCDで聴いてみると川島みじゅき28ちゃいのパートが超いいわけですよ。これこそ僕がなおぼうに求めたい歌だと思った。そうなると、CD版のオリジナルメンバーが揃ってた2ndでなおぼうにも歌って欲しかったなぁと。アイマス10thではちょっと変わったメンバーだったみたいだけど、なおぼうが歌う日が果たして来るのか。でもまあ、そういう思いもありつつだけど、トライアドプリムスが歌ったオルゴールの小箱は自分の中であのライブを特別なものにしているんだよね、やっぱり。

ってぐらい好きな曲なので、ノートを叩いては歌詞を口ずさみリズムが走ってNICEるわけですが、フルコンもしたしそこそこ走って50000位入れました。そこそこと言いつつ、ラスト30分ボーダー並走状態で必死に走ってましたが。デレステはイベントが21時締めで助かった。イベントスペシャルコミュもありがたやありがたや。

オルゴールの小箱もきたし、ショコラ・ティアラとかエヴリデイドリーム、Romantic Nowなんかの自分のお気に入りどころの曲はだいたい実装されたかなっと一瞬思ったけど、新しめのき・ま・ぐ・れ☆Cafe au lait!とか一体いつになるんだ・・・。アニメ2期の曲とかAbsolute NIneとかはLive Grooveで出てくんのかな。そう思ったらまだまだ先は長い。ゲーム自体の感想は上記の通りですが、デレステオリジナルの新曲も今のところSnow Wings、Tulipといいのが揃ってるし、曲が追加されれば都度チェックはしたいと思わせるものがあります。なんかシンデレラマスターとは別にCDも出るみたいだし、4thへの布石ですなあ。楽しみ楽しみ。
2016-02-20 04.05.36最近追加された本家ばりの歌詞表示機能がよいです。ってか、加蓮が良い・・・

Unreal Tournament Pre-Alpha

The Future of Unreal Tournamentについて書いたのがいつの間にかもう1年半前です。自分も気が長くなったなあ。

未だにプリアルファ止まりのこのUnreal Tournament(通称UT4)。しかしながら、プリアルファと言いつつ基本のゲーム部分は着々と固まりつつあります。今年の初めあたりは武器グラフィックもUT3からの流用だったりして開発中感が半端なかったのですが、夏ぐらいから急速にシステムやデザイン周りが整備されてきた印象。日本語でUT4について書かれた記事もあまりないですし、ここらで今現在の状況を分かる範囲で書いておきましょう。

ScreenShot00009 移動に関してはダブルジャンプ廃止、ドッジジャンプ廃止で一見99に戻ったようですが、ウォールドッジが複数回可能だったり、スライディングができたり、急斜面を壁走りできたりと、新たなギミックが導入されています。壁走りなんかはできるようになったのが8月か9月くらいだったので、まだまだ新しく追加される要素があるかも。難しそうではありますが、Quake Liveのようにチュートリアルモードがあるので安心(でも効果的に使うのはやっぱり難しい)。

DM-ASDF
画質を最低にしているので見にくくて申し訳ないですが、武器も新デザインにリファインされて、マップも続々増加中。スキンはまだ弱いかな。試合をやってるとプレイヤーレベルが上がって帽子などのアクセサリがアンロックされたりします。有料で買えたりも。マップはDuelではASDFやLeaあたりが定番になっているようです。LeaはもちろんあのLea。2k4の公式リメイクマップは他にPistolaがありますが、2つともかなりのクオリティ、かつUT4用のチューンがちゃんとしてある。Pistolaを移植したマッパーが現在はあのGrendelkeepを制作中ということなので、これも楽しみにしておきましょう。お約束のDeckやFacingWorldもあるよ。

サーバーブラウザ
システム関係はサーバーブラウザが3初期と比べ物にならない快適さです。UT4ではHUBというサーバーの中に部屋を作れるシステムがあるのですが、こいつのおかげで大まかに今世界のどのあたりが盛り上がってるかすぐわかります。ネットコードが改善されたおかげでPing200ぐらいまでならなんとかプレイできるので、アメリカやオーストラリアのHUBに人がいれば突っ込んでもOK。それから同じくUT3では貧弱だったDemo機能ですが、こちらも快適。自前のDemoは今のところ録れない?っぽいのですが、Epicの公式HUBの試合は全部録画されてるらしく3日前ぐらいまでなら他人のリプレイも自由に見れたりします。それを利用して、その週のスーパーフラグトップ5を公式で選定して発表してくれたりも。このへんはこれからまだまだ充実してくるかな。オフラインアクションはいくつかミッションが用意されていて、クリアすると難易度に応じて星が獲得できるみたいなのですが、報酬があるのかはよくわかりません。今現在はハロウィーン仕様のミッションが追加されていて、そちらはカボチャ頭のアクセサリとかがもらえる模様。

人口の状況ですが、ヨーロッパではピークタイムは300人か400人ぐらい同時にプレイしているようで、PickUpGameやプチ大会も活発なようです。アメリカも100-200人規模。まあ大手ゲームと比べると少ないかもしれませんが、シリーズ各作品の最近の状況を考えると感動すら覚える人数です。この夏あたりからUT4への移行がジワジワと進んでいるらしく、UT2k4では野鯖ベースではそこまで変化はないものの、毎日やっていたTAMやCTFのPUGがめっきり行われなくなったりしています。各シリーズの有名プレイヤーも続々と現れていて、2k4を比較的後期までやってた人でいうと、ACo, MaD, zelvzz, eXarto, iMpure, dylan, Sulaco, raWk, lo2dkとかは見かけました。あとUltrawaveなんていう久々に見るプレイヤーや、それからzeDとかいう大物も見かけてビビるなど。果てはGitzZzとか…。FranticやskAvenも一応やってみてはいる模様。でもやっぱりUT4でもhypnoがっょぃ…。そんなふうに懐かしいプレイヤーを見かけて嬉しくなったりもするのですが、長いことUT2k4を支えてくれたScrMzとGoHLinKがいないのは寂しいですね。その2人とは言わずとも、上記の面々に加えてm1no, ziLL, HarkeN, asc, stab1lo, silverあたりも来てくれると2k4erとしてはもっと楽しくなりそうなんですが。kiLLzA, RoxXx, astzら歴戦の勇者も。

そういう感じで盛り上がりつつある中で、Epicが主催したCTFオフラインイベントが先月あったりしました。


アメリカの有力プレイヤーを中心に招待されたみたいですが、選考基準はよくわかりません。UT99の第一人者であるbleh-がもっとも名の通ったプレイヤーだと思いますが、CTFpugばっかりやっていたxiosとcafe、CTFもやってたみたいだけどやっぱり1onが上手かったGS3K、大会の実況をよく担当していたconX5あたりは2k4で馴染みのある顔触れです。知らなかったけどBlimpoって人も2k4初期からCTFで活躍してた模様。なんにせよプリアルファの今からこういうイベントをやってくれるのはいい流れです。UT4がどのくらい大規模な大会で採用されるか分かりませんが、公式に限らずこういうオフラインイベントはどんどん打ってほしいですね。あそこまでの規模とは言わないけど、QuakeCon的なやつとか・・・。やはり完成版ではQuake Liveレベルの人口・大会開催数が目標になるでしょうか。少なくともヨーロッパではその兆候があるかな?ただ、今現在でもDuelやCTFは活発ですが、UTComp的なものもまだ登場しておらずコンペティティブプレイの環境としてはまだ未完成ではあるので、そこらへんは完成版までに整備していってほしいところです。

で、肝心の国内ですが、残念ながら日本のHUBには人が集まってません。ただ日本人プレイヤーがいないこともないようで、オーストラリアのHUBとか遊んでいると日本の旗の人が来たりします。まあ、今現在プリアルファということで全く話題性もないので仕方がないところでしょうか。UT3のDemoが出たときは古いプレイヤーがわらわらと帰ってきてちょっとした祭りになってたものですが、あれだけ頑張っていたUT3のコミュニティもほぼ停止して久しいですし、3が出たときより状況は良くないですね。旧シリーズのプレイヤーも99と2k4でそれぞれ最大10人いるかいないかという感じなので厳しいものがあります。UT3発売から8年の月日は重い。経験者がなかなか帰ってこないなら新規プレイヤーに期待するしかないのですが、こちらもどうなるやら。2k4のDemoが出たときはONSのサーバーの人数が大変な事になってた記憶がありますが、時代も違えばビークルもありません(ちなみにASはすでにMODで作られていますが、99準拠なのでビークルなしの模様)。今後の望みとしてはSteamでの配信とかになるでしょうね。以前のQuake Live(数日前に有料化した)と同じくプレイは無料なので、とりあえずやってみようという人は多かれ少なかれいると思います。そうした人々が定着してくれればまた楽しいUTライフが待っている。

私自身はというと、何せ昨年2万円で組んだPCをいまだに使っているのでまともにプレイできているとは言いがたいです。avgで30か40fps出ればいいぐらいで、クオリティの高いマップは試合が始まるとたちまちゲームが落ちます。オンボードVGAでUT2k4やっていたころを思い出しますね。ベータなり完成版なりを目処にPCを新調するとは思います。それまではマップが軽いInstagibとかを気まぐれにやってるかも。

ここまで書いておいてなんですが、結局のところ、自分が10年以上好きでやってきたUTに近いかというとそうではないですし、長く続けるゲームになるのかはわかりません。人が同じだけいれば2k4やると思いますし。ただ、このゲームが2k4や3で国内がいちばん賑わっていた時に並ぶ盛り上がりを見せてくれる可能性はあります。2k4で毎日毎日DMもチーム戦も1onもRAもやっていたように。今思えばUT3でだってなんだかんだ色々やっていました(ネカフェオフとかね lol)。たとえ一時でもそうやってUTを楽しむことがまたできるなら、ワクワクしないはずがありません。来年にずれ込むのは確定でしょうが、完成版を首を長くして待つとしましょう。あと、UT経験者でゲーミングPCを使ってる人は1回やってみてね ;p

おまけに今年の入ってからのUT2004のSSをいくつか。UT3発売以降細々と人を集めてやってきましたが、一人また一人と参加者が減っていき、この夏以降はCTFなんてまともにできていません。なので、SSは全部7月より前のものです。そろそろ限界が近いのかなとも思いますが、UT4リリースまでにもう1回でも全員TS3使用の5on5CTFができたらなあと思います。

2-2-2015-(23-54)-Corrugation-D-man[LOL]

5-24-2015-(02-39)-Grendelkeep-D-man3

6-21-2015-(01-35)-Pistola Battle Grounds-D-man3

最近のスクフェス

最近の、とか言いつつこのサイトでスクフェスについて書いたことがほぼないわけですが。

未だにそこまでラブライバーやってるというわけではないわたくしですが、スクフェスはずっとやっています。ほとんど課金もしないでダラダラやっているうちにもう1年半ぐらい経ってしまいました。
2015-05-31 16.33.43
わたくしのラブライブ!でのお気に入りはかよちんこと小泉花陽ちゃんですが、その花陽の通算第6回目のイベントが終了。いつも花陽イベはボーダーとか気にせず走れるところまで走っていて、過去3回2823位(2014/4)→2296位(2014/10)→3632位(2015/01)と来ているので今回は三桁が目標でした。それから11日間せこせことシャンシャンして153999ptで729位という結果。方式でいえば前々回が同じスコアマッチでしたが、そのときは100000ptが目標で最終的にも100000~110000の間だったと思うので2位平均とすると133回分多めに走っていることになります。ラブカストーンの消費としてはたぶん60~70個ぐらいでしょうか。今回はニコ生でスクフェスやってる枠見つけてマッチングしたりしてたのでサクサク楽しく走れた感じ。スコアマッチ経験値効率悪いけどここはよかったところ。曲目的にも純愛レンズとか微熱からMysteryとか揃っていたので回数回した割にダレなかったような。純愛レンズは前やったときよりは繋がるようになってきた。

間違いなく過去最高に走りましたが、そこまでガリガリにシャンシャンしてたわけでもなく思ったより余裕があったような。集中して稼いだのはとりあえず1枚取れる25000ptまで走った初日ともう1日ぐらいです。この2日は石10個以上潰して連続でやってましたが、それ以外は順位維持のために気付いたときに1つ2つ分くらいプレイして1日5個ぐらい。なんというか、三桁に入ると(順位が団子状態でないので)1回のプレイで順位が上がりにくい代わりにちょっと時間を置いても下がりもしないので、このへんで定着してしまう感じがありましたね。300位あたりとは100000ptぐらい差がありますし、これ以上は石100個以上必要という世界っぽいので無課金ならこのへんが落とし所なような気もします。余裕はあるとか言いつつけっこう指の骨痛いんですが。ここから先が本当のマラソンなんでしょう。何回か1位の人とマッチングしましたが、ポイントの増加分を見てみると3日で少なくとも70時間以上プレイしており本当に人間か…。

それにしても、スクフェスもそろそろ過去配信分のEX譜面はほぼ全てコンボSにしてしまった、特に最初に挑戦したEX譜面であるLove marginalで1年越しにコンボSを付けられたということもあり、最近もうゴールしてもいいよね感があります。1曲120回やるとクリアSが付きますが弱いスクフェサーなので全曲そこまでやる気力はありません。自分が上手くなっていくのが楽しくてやっていましたが、最近大した成長も見られない。ので、あとは音ゲー的な楽しみより課金してソシャゲ的な楽しみがしたい気もするという、つまり花陽のUR欲しすぎ問題。まあ、2周年記念で近々新しい機能が追加されるらしいのでそれは見ておくかなあと。

そういえば6日だったかのスクフェス全国大会東京予選に当選しましたが諸事情により行けない模様。