爆走おとな小学生『初等教育ロイヤル』

4/8の大千穐楽を観劇。

新宿シアターサンモールは少し前にこのへん歩いてて気になっていたりしたのだった。なのに行きも帰りも急いでたので写真がない。300席ぐらい。

神聖な場所「校長室」を目指して小学生たちが殺し合いをするディストピアな話で、はじめは小学生のお戯れと見せかけておきながら普通にバイオレントだった。学年ごとにチームになっていて、カラーも団結力も違うし、初っ端6年生が1年生にボコボコにのされる面白さもあり。全体的にセリフがものすごい早口で、音は聞き取れないけど頭では何言ってるか理解できないこともないぎりぎりのところ。かと思えば回想シーンなんかも多くてようわからんテンポ感だなと思うわけだけど(でも回想シーンに切り替わるところの演出はおお!となる)。唐突な結末も匂わせぶりだけど、主役の佐川大樹さんによればバッドエンドということでいいらしい。

前田佳織里さんがとても良かった。ただ一人しか生き残らないこのストーリーにあってとりわけ悲劇的な最後を遂げてしまうのだけど、真ん中に立ち一点を見つめながら2年生を引っ張る小さな姿が目に焼き付く。エ〇ァのパロディみたいな役柄で、セリフが基本お堅いのだが(そして早口)、その中での感情の滲み出し方にとても迫力があった。いつも見ていた役柄と全然違うから余計にそう感じる。他には1年生役で出ていた足立英昭さんが面白かった。戦闘力の高すぎる1年生の役で、この舞台の上ではいるだけで面白いコミカルな役なんだけど、アクションもばりばりやるし、もっとスマートな役もきっとできるんだろうなと。調べてみたら、役者としてはまだデビューしてから2年と少しのキャリアのようだ。ナニモンだよ・・・。佐藤日向さんは全体の中で今ひとつ役どころが目立っていなくてどうも。でも見せ場はあって、それを見るとやっぱり色々場数踏んでいい役者さんになっている。ダンスパートはさすが!

ブルマに興味ないマンだけどやられてしまった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA